泰澄の杜の名前の由来にもなった泰澄大師の生い立ちについて
絵本で知る事ができます。
上記の「絵本を開く」のボタンを押していただくか、
下記の「絵本の表紙の画像」を押していただくと絵本が開きます。
 
※絵本が表示されたら絵本の上の方に表示されている
 「前のページ」「次のページ」を押すとページをめくることができます。

泰澄大師は飛鳥時代(7世紀末)、越前国麻生津
(現 福井市三十八社町 泰澄寺)に生まれました。
神童といわれた大師は 11 才の時、夢のお告げで越知山大谷寺に登り、
苦行難行の後、ついに仏の教えを悟ったといいます。
泰澄大師の名声は都まで届き、21 才の時、朝廷は鎮護国家法師に任じました。
その後、36 才の時、2 人の弟子、臥(ふせり)行者、
浄定(きよさだ)行者とともに 霊峰白山を開いたとされています。

養老 7 年(722年)、元正天皇のご病気を祈祷によって平癒したことにより、
神融禅師の号を賜りました。
神亀 2 年(724年)、行基が白山を訪ね本地垂迹の由来を問うたことにより
神仏習合説の祖と呼ばれています。
天平 2 年(730年)、一切経を写経し法隆寺に納めました。
これは宮内庁図書寮に現存しています。
天平 8 年(736年)、入唐帰朝の玄昉より特に十一面経を授受される。
天平 9 年(737年)、全国に疱瘡が流行し、勅名により祈願を行い
疫病を終息させました。
このとき、天皇から大和尚位を授けられ、「泰澄」の尊称を賜わりました。
神護景雲元年(767年)、越知山大谷寺に戻った泰澄大師は、
釈迦堂の仙窟に座禅を組まれたまま86歳で遷化されました。
境内に祠つられる国指定文化財の九重の石塔は
泰澄大師のお墓と伝えられています。

泰澄大師

九重の塔(国指定重要文化財)